結婚披露宴に必須!スピーチ

結婚披露宴は一生に一度の大切なイベントです。
これから幸せになる二人を祝福し、そして二人はそれに感謝する・・・
とても素晴らしいことではないでしょうか?

そんな披露宴を盛り上げるのが、スピーチや演出、余興です。
ここでは、そういったポイントを詳細に解説しながら、マナーなどについても紹介しています。

経験したことのないものだからこそ、予め知識をためておくことが大切です。
そして、十分な準備をして成功に導きましょう。
このサイトは知識の側面から準備を応援します。

ウェルカムスピーチ

そもそもウェルカムスピーチとは一体どういうものなのでしょうか?
あまり聞き覚えがないという人も多いかもしれません。
これは簡単に言えば「出席してくれて有難う御座います」という感謝の気持ちです。

一言だけでも良いので、感謝の気持ちをゲストに伝えましょう。
始まったばかりで長々と話してもゲストも気が滅入ってしまうので、簡単に一言で大丈夫です。
感謝と意気込みなどを述べて「どうぞお楽しみください」と一言添えるのが理想的です。

特に詳細なルールやマナーはありません。
一般的には新郎から言葉を述べますが、二人ともが一言ずつ発言しても良いでしょう。

本来は媒酌人が担当するセリフではありましたが、媒酌人を立てるケースが少なくなり、
次第に担当するのが新郎新婦になってきているといった状況です。

先述したように感謝の気持ちを伝えるのが必須のポイントになりますが、
その他の点は変更しても問題ありません。
こちらのサイトxn--h1s64a26mrz3awb1a.nameも、大変お勧めです。ぜひご覧になってみてください。

主賓挨拶

主賓とはメインゲストのことです。
一般的には会社の上司や母校の恩師など目上の人を主賓として迎えます。
新郎新婦ともに一人ずつ程度を招待するのが理想的です。

もちろん、用意しないというのも全く問題ありません。

そして主賓挨拶でお話しをしてもらいます。
これは主賓からゲスト・新郎新婦の両親にむけた言葉になります。
目安としては5分程度の持ち時間が理想的です。

実際に測ってみると、5分は意外に長いものです。
そのため、お願いするときには一言「リラックスして」と伝えておくと良いでしょう。

親族代表挨拶

親族代表挨拶は文字通り、親族の代表から話をして頂くことを指します。
家族だからこそ知っている子供の頃の話などを中心に、家柄などに触れることのないまま終わるのが理想です。

基本的には新郎の父親が務めることになります。
もちろん他の方でも全く問題ありません。

親族同士の間で開催する場合は両親に挨拶をしてもらうのが良いでしょう。

ページTOPに戻る