結婚披露宴のドレス準備

ウェディングドレスはの女性にとってあこがれの的であり、一度は着てみたいと思う物です。
そして、それを実現する数少ない場面のひとつとして結婚披露宴が挙げられます。

そして、実はウェディングドレスにもいくつかの種類があります。
基本であるAラインやプリンセスをはじめ、マーメイドなどのデザインも流行しています。

和装というのも一つの選択肢かもしれません。
白無垢や打ち掛けなどを着てみたいと思う人も沢山いるでしょう。

ここでは、そんな衣装の数々から自分にピッタリのものを見つけ出す知識を解説しています。
ちょっとしたコツやポイントもあわせて紹介しています。

ドレス選びのポイント

何と言っても一生の記念になること間違いなしのドレスですからじっくりと選びたいものです。
購入する場合もレンタルする場合も念には念をいれて出来るだけ早めに決めてしまいましょう。

とはいっても、なかなか決めることが出来ない人も多いでしょう。
そんな時はパートナーの意見も聞いてみてはいかがでしょうか?

また、自分の身体・スタイルに合っているかどうかのチェックは必須です。
ポイントになるのはシルエットやネックライン、スリーブラインなどでしょう。

ブーケなどの小物を選ぶのも1つの作業です。
その時の為に可能であれば候補のドレスの写真を撮っておきたいところです。
会場選びなどにも使えるかもしれません。

シルエット・デザインは様々なものがあり、予め目星をつけておく必要があります。
基本となるのはAラインやプリンセスでもっともポピュラーです。
この二つは誰にでも似合う反面、個性に欠けるようなところもあるかもしれません。

この他にはマーメイドが代表的です。
身体のラインがくっきり出るようなシルエットで文字通り人魚のようなデザインです。
このデザインと似たものにスレンダーがあります。
こちらはシンプルで細見のドレスです。

スリーブやパフスリーブ、オフショルダーなどもオススメです。

また、色味についても検討すべきかもしれません。
当然のことながら、色は白と相場がきまっていますが、その中でも細かい色味が指定できます。

清楚な純白や日本人に似合うオフホワイトをはじめ、シャンパンゴールドなどがあります。
それぞれにメリットがあるため魅力的です。

和装

代表例としては、打ち掛けや白無垢などが挙げられます。
かつらを着用することもあります。

最近では真っ白にお化粧することも珍しくなってきています。
ナチュラルメイクにするのが主流なようです。
髪の毛はアップスタイルにすることも多い傾向にあります。
こちらの和風の披露宴のページも、ぜひ参考になさってみてください。

ページTOPに戻る